本文へ移動

理念・方針

社会福祉法人こひつじ会 こひつじ国際共育センター

なぜ「教育センター」ではなく「共育センター」なのか

こどもだけでなく、こどもから大人まで「共に学び」「共に交わり」「共に憩い」「共に助け合う」人の集まりとして、社会貢献することのできる人間が育つことを目指しています。

「自分がして欲しいと思ったことを、人にもしてあげなさい」

これは、聖書の言葉でありこひつじ会の創立者である市川益子の思いの全てです。
多世代で交わりあいながら、職場でも学校でも家庭でもない場所でお互いを慈しみあい共に育っていける場所を求めておりました。
自分達が欲しかった場所をつくり、皆様と共に育てていきたいです。
 

50年間、保育園で0歳児からのこどもを見ております。

人が育っていくということは、何よりも私に喜びを与えてくれます。
保育園の卒園証書にある通り「神と人とに愛され〇年間保育したことを証します」の言葉が実り卒園児の施設長が選ばれ、出発できることをこの上なく感謝します。
私の人生は、我が子4人と2園の保育園で幼児に囲まれ、ひとあし、ひとあし導かれるまま57年歩んでいるうちに国寿となりました。健康を感謝します。
「天寿への道」によれば「九十二才を国寿と祝う、まだまだ尽くせ国のため」と言うそうです。三鷹の園舎も社会の繁栄と共に手狭になり新園舎が与えられた事で移転しました。今迄の旧園舎は鉄筋で社会貢献の場として学童から老人まで年齢を問わず成長し続ける場所として新たな歩みを始めることとなりました。
共育センターとこの施設を利用なさるみなさまの上に祝福をお祈りいたします。
社会福祉法人 こひつじ会 創設者 市川 益子
 
社会福祉法人 こひつじ会
こひつじ国際共育センター

〒181-0003
東京都三鷹市北野3-1-3
TEL.0422-69-3303
FAX.0422-69-3303
Email:info@kohitsujikyouikuce.jp
 
業務内容
1.■レンタルスペース■
2.■こどもの習い事■
3.■スキルアップ講座■
TOPへ戻る